みっくすついんず

男女双子のお母さんの日記

とても大丈夫ではないの巻

2019年11月現在、

NHKのいないいないばあで、

「だいじょうぶんぶん」という子どものイヤイヤ期向けの歌があるんですよ。

お風呂いや!→嫌だったんだね。

(ง^ω^)วでも大丈夫大丈夫♪

寝るのいや!→まだ遊びたいんだね。

(ง^ω^)วでも大丈夫大丈夫♪

みたいな、気持ちを肯定して受け止めて踊る歌です。

 

その歌の後、お子さんのグズりに対してお母さんがだいじょうぶの言葉で落ち着かせる、

というどこかのお宅の様子が映し出されるんですが、

まぁ我が家だと全然大丈夫じゃなさそうなのが撮れると思いました。

 

大丈夫要素少しもない。

まず声が届かない。

収集つかない。

放送しようもんならこんなん流すなって苦情きそうですね。

 

よそのお子さんはどんな感じか分かりませんが、

うちの子はわりと0か100かみたいな所があるので、

「やだよ〜ちがうよ〜わ〜ん」

ではなく

「ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"イヤァァァァァァァギャァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!」

なので

途中の段階があんまりないので「だいじょうぶ」の呪文が使えません。

どっちかっていうと声掛けよりもどうやって触るのかとか放置がいいのかとか

そういうことに私は悩んでますね(´ω`)

 

このだいじょうぶんぶんが放送されるたびに

いや〜この子すごいな〜

落ち着いたな〜

気持ちに折り合いつけて偉いな〜

大丈夫っていい言葉だな〜

って思いつつ、

あとどのくらいでうちの子に使えるかなぁ

と遠い目になってしまうきのきのでした。

 

( =ω=  )

 

おしまいおしまい。